ブログ

緊急事態宣言発令

4月7日現在、新型コロナウイルスの感染は世界182カ国・地域に広がり、累計感染者では世界全体で130万人を超え、死者は7万3000人を上回る深刻な状況となっています。

本市においては、陽性累計77人の感染に留まってはいるものの、3/25以降発症件数が急増していることや近隣都市等の状況を踏まえれば、いつ感染爆発が起こってもおかしくない状況です。 また、感染の疑いや不安等から新型コロナウイルス感染症コールセンターにご相談いただいた累積件数は13,533件、帰国者・接触者相談センターにご相談いただいた累積件数は8,697件(両センター4/2時点)となっており、市民の皆さまが大きな不安と危機感の中で生活・経済活動を余儀なくされています。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/kansensho/ncov-soudan.html

加えて、長引く休校対応や自粛要請、経済活動の停滞等によって、子供たちの教育をはじめ市民生活・横浜経済に大きな打撃を受け続けています。

こうした状況の中で国は、本日緊急事態宣言を発令し、7都府県において5/6までの約一カ月間、感染拡大防止の強化を進めていく方針を打ち出しました。

最大のポイントは国民・県民・市民の行動制限と自粛によって、三密(密閉・密集・密接)を無くし、人との接触を最小限に抑えることで、感染拡大を防ぐとされています。

しかし、こうした行動を徹底していくためには「自粛要請と休業・所得補償(企業および全ての国民に対し)」を合わせて行わなければ、最大限の効果と実効性および自粛を余儀なくされる市民への安心感は見込めないものと考えます。

引き続き予断を許さない危機的状況に対し「命を守る・家族や仲間の命を守る・社会を守る」ため全力で取り組みを進めてまいります。

なお、これまで再三に渡って要請をしてきた「新市民病院への移転に伴う旧病院の活用」にあたっては、軽症者および無症状者等の受け入れを行っていくことが本日決定されました。

どんなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。