ブログ

市民の声を着実に市政に!

本日交通局の局別審査に会派代表で登壇いたしました。質問内容は以下の内容です。

1 市営交通の経営に対する新型コロナウイルスの影響         

(1)令和3年度予算における新型コロナウイルスの影響 (2)バス事業・地下鉄事業の経営状況は、現状どのような状況になっているのか (3)15年以上積み重ねてきた経営改革の成果がコロナ影響によって一変したことについてどのような受け止め・思いをされているのか (4)今後の事業運営に対する局長の考え方

2 厳しい経営環境を踏まえた今後の事業展開について

(1)コロナ禍における地下鉄の利用状況の変化について (2)地下鉄ダイヤ改正の概要とねらい (3)駅構内の活用状況と活用の考え方 (4)駅構内の店舗開発における今後の取り組み (5)今後の市営バス沿線の魅力発信に向けた考え方  

 3 貸切バス事業の状況と今後の推進 

(1)貸切バス事業の今年度の状況 (2)増車の意図と貸切バス事業の増収に向けた今後の取組

4 生活に密着したバス路線の維持

(1)生活交通バス路線及び暫定運行路線の状況 (2)並木地区のバス路線の現況 (3)並木地区のバス路線の計画 (4)将来に渡る市内バスネットワーク維持の考え方

5 バス安全性向上のための取組

(1)車両使用年数の延長に伴う故障防止の取組 (2)バス整備員の確保及び技術力の維持向上のための取組 (3)安全意識向上のためにどのような取組を行うのか

6 地下鉄保守作業の安全性を高める取り組み

(1)地下鉄保守職員の安全意識に対する現状認識について (2)保守職員の安全意識を高めるための具体的な取組について (3)ICTを活用した教育訓練の実施について

7 ICTを活用したバス運行情報の提供について 

(1)現在バス停に設置している接近表示機の数 (2)検索システムの仕組みと利用実績について

8 コロナ禍における職員の働き方の変化

(1)コロナ禍における職員の働き方の変化 (2)テレワークや時差出勤の一層の拡大 (3)今回の見直しでテレワークが可能になった具体的な業務とテレワークの実施規模、 実施にあたっての課題 (4)コロナ禍にあっても職員のモチベーションを高めていくことが経営的に重要 (5)この間の交通局の取組に対する副市長としての所感

引き続き、皆さまから寄せられた声を市政に繋げ、課題解決に向け邁進してまいります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。