ブログ

国際的競技大会の輸送ルートに設置される「TOKYO2020」

星川から自宅へ帰宅途中、見慣れない路面表示が…

気になって調べてみると「オリンピック・ルート・ネットワーク」及び「パラリンピック・ルート・ネットワーク」として、看板と路面表示を行い周知することで、高速道路や一般道路において、大会中の通行や駐車を控えてもらう目的で設置されたものでした。

組織委員会によると、輸送ルートは東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)840km、地方会場周辺520kmの計1360km。看板は約2200か所に設けられ、路面表示は約1200か所に施す予定のようです。

https://kurukura.jp/car/200727-70.html

新たな発見と保土ケ谷の街中が輸送ルートに選定されたことに感激するとともに、何としてもコロナを終息させていくことを改めて強く胸に刻んだ瞬間でした。

皆さまも機会があったら見つけてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。